学習内容

プログラミング的思考に基づく段階的学習

プログラミング的思考とは「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、それをどのように改善していけばより意図した活動に近づくのかを論理的に考え、検証する」ことです。アド・ステム・アカデミーの学習プロセスはこの思考を繰り返し、段階的に進めることで、STEM教育に根差した学習システムとなっています。

STEM業界とアドステムアカデミー

講座の初めに今日の学習内容(目的、原理、意義)を説明し、理解を促した後、各自がロボットの組み立て(中級からはプログラミング)を行います。完成したら、結果が学習した通りに動作するかの確認・検証を行い、最後に学習内容を理解しているかチェックするための設問に答えていきます。
以下にテキスト内容の一部をご紹介します。

「ゴム鉄砲」(メカニック:入門)

  • 「ゴム鉄砲」(メカニック)

    学習内容

    「ゴム鉄砲」(メカニック)

    学習内容

  • 「ゴム鉄砲」(メカニック)

    組立工程

    「ゴム鉄砲」(メカニック)

    組立工程

  • 「ゴム鉄砲」(メカニック)

    出題ページ

    「ゴム鉄砲」(メカニック)

    出題ページ

「レーシングカー」(スマート:初級)

  • 「レーシングカー」(スマート)

    学習内容

    「レーシングカー」(スマート)

    学習内容

  • 「レーシングカー」(スマート)

    組立工程

    「レーシングカー」(スマート)

    組立工程

  • 「レーシングカー」(スマート)

    出題ページ

    「レーシングカー」(スマート)

    出題ページ

自分の力でロボットを組み立てる!

ロボタミ教材の各パーツは韓国をはじめ、欧米各国の検査を経て認証を受けていますので、安全で操作性の高い教材です。低学年の児童でも手に馴染みやすく設計された品質です。
ではこれらを使って早速、ロボットを組み立ててみましょう!以下の動画をご覧ください(動画は体験会用のモデルです)。

教室の講師は生徒それぞれに「手取り足取り」の指導は行いません。「自分で考え、判断し、表現する」ことこそが、これからの学習指導要領やSTEM教育に求められていることだからです。どの生徒も試行錯誤しながら、結果を出すことで問題解決能力を養い、学びに向かう力や人間性を育んでいくことでしょう。

独自のプログラミングツールでステップアップ!

ロボタミ教材では独自のロボットプログラミングツールを開発し、提供しています。「TronZ-Card V2」と「TAMI-TOOL」のどちらか一方が有れば、プログラミング工程を有するクリエイティブ(中級)とインテリジェント(上級)の内容を学習する事ができます。

TronZ-Card V2

TronZ-Card V2は、Windows用のロボットプログラミングソフトです。
パソコンにインストールしてプログラミングを行えます。プログラミングと言ってもキーボードは使わずに、マウス操作のドラック&ドロップで画面上のアイコンを動かし、直感的な操作でプログラムするビジュアルプログラミングソフトです。作ったプログラムは転送用USBケーブルでロボットにダウンロード(転送)して使います。ソフトの入手はクリエイティブもしくはインテリジェントのパッケージに同梱、またはダウンロードによる無償提供となります。
※日本語バージョン近日完成予定

TAMI-TOOL

タミツールはパソコンが無い環境でもTronZ-Card V2と同等のプログラミングが出来る様に開発された、ROBOTAMIロボットプログラミング専用端末です。右上の切れ込みに付属の専用バーコードカードをスライドさせて読み取らせ、ロボットにダウンロード(転送)し動かします。カードは1枚で1つの命令となり、バーコードカードを机に並べて、どの命令をどの順番で動作させるのかを考えてからカードを読み取らせます。

STEM業界とアドステムアカデミー

PAGE TOP